荷物預かりシェアリングサービス




スペースを有効活用する視点で様々なサービスが立ち上がってきています。

ホテルのチェックイン前やチェックアウト後の荷物を預ける場所として、ホテルの部屋の時間貸しや、カフェ、商店などの軒先を貸すなどがありますが、そもそも予約管理できるスマートロッカーを置くというのもありますね。



【引用元】https://techable.jp/archives/115682

隙間スペースを有効活用するLuggageHero

ホテルのチェックインまで数時間あるときや、Airbnbの民泊先でチェックアウト後にスーツケースが預けられないとき、短い時間に少ないスペースでモノを預けたいというニーズは意外と多い。そこでLuggageHeroは、「シェアリング・エコノミー」の考え方に従い、地元のホテルやカフェ、商店等をコインロッカー代わりに使えるようにするというアイデアを実現した。 アプリで予約した後、現地に行って荷物を預ける際に自分の荷物を識別するタグを受け取り、安全な場所で管理してもらう。預けた分だけ支払えばよく、例えば、ニューヨークであれば1時間あたり1ドルだ。当然、キャッシュレス決済で面倒な手続きはない。盗難や破損の保険も含まれている。